有限会社 モト・ラボロ MOTO LAVORO

モトグッツィー、トライアンフ、ドゥカティ取扱店 有限会社 モト・ラボロ MOTO LAVORO

〒224-0041神奈川県横浜市都筑区仲町台4-1-5
TEL : 045-943-2891 / FAX : 045-943-2893

HOME > ブログ > 日記

有限会社 モト・ラボロ MOTO LAVORO

モトグッツィー、トライアンフ、ドゥカティ取扱店 有限会社 モト・ラボロ MOTO LAVORO

〒224-0041神奈川県横浜市都筑区仲町台4-1-5
TEL : 045-943-2891 / FAX : 045-943-2893

HOME > ブログ > 日記

MOTOLA-BLOG モトラボロ・スタッフブログ

日記アーカイブ

中古車(委託販売車も)を数台アップしました、中古車ページをご確認頂けますでしょうか?
どの個体もキチンと調子良く走るように仕上げてあります、基本的に全車試乗可能ですので、お気軽にお申し付け下さい。
このバイクはココが弱点、といった事も包み隠さずお話ししますので、ご心配な点のご質問もどうぞ!

ここ最近続けてモト・グッツィは始動性が悪いのが普通か、というお問い合わせを頂きました。
どのモデルであれ、そのような事は無いはずなのですが...
ただ1点思い当りましたのが、スターター(チョーク)やアクセルを適切に操作できていない事で始動に手こずっている可能性です。
キャブ車はもちろんインジェクション車でも2004年式くらいまで、円滑な始動の為にはこれらの操作が必要になります。
ここで十把一絡げに全車の始動要領をお伝えすることはできませんので、お世話になっているショップさん等に聞いてみて下さい。
もちろんバイクが問題を抱えている事も有り得ますので、そちらも確認してもらうのが良いでしょう。
特に古いモデルの場合、コンディションに難のある個体は多いようです(モト・グッツィに限りませんが)。
車検に通したばかり=調子が良い、ではありません!
ここ最近V7系(旧モデルの48/40ps車)でバッテリー上がりを起こした方が何名か続きました。
原因は、渋滞中にグリップヒーターを使用していた事にあったようです。
走行中ある程度のエンジン回転数を保っていれば問題は無いかと思うのですが、アイドリング状態では発電量が落ち込みます。
ここでグリップヒーターを使っていると電力消費量が発電量を上回り、最終的にはバッテリー上がりでエンジン停止に至るようです。
勿論この状態ではエンジンの再始動も不可能です。
エンジンが止まるような状態になるまでは渋滞に入ってから1~2時間くらいかかるようですが、渋滞中は電力を消費するアクセサリーは切ることをお勧めします。

久しぶりに1000Sの委託販売車が出ました。
ワンオーナー車で、なんと当時のオーナーズマニュアル(日本語ではありませんが)まで付属します。
車検が近いですが、全体的に状態の良い個体です。

車両をご覧になりたい方は、事前にご連絡頂けますでしょうか。
先日帰国しました、不在の間ご不便をお掛けしまして申し訳ございませんでした。
現地でも可能な限りメールでのお問い合わせに対応しておりましたが、何故か届いていないメールがあるようです。
昨日までに全て対応させて頂きましたので、返信の届いていない方はお手数ですが再度ご連絡下さいますでしょうか。

デイトナへの出発日、16日は台風の影響で電車はストップ、高速道路も通行止め等、成田空港へ行くだけでも大変でした。
ある程度は予想していましたが、成田での搭乗・出国手続きにも相当な時間がかかり、出発は大幅に遅延...
(あまり遅れてしまうと乗継便に間に合わなくなってしまい、到着が1日遅れてしまうかもしれないのです)
何とか当日中に現地空港へ到着はしたものの複数の荷物が届かず、更には予約したレンタカーが用意されていないと...
最終的には何とかなりましたが、結構なトラブル続きの旅になってしまいました。

そんなこともあり、なんとなく不吉な予感がしていたものの、終わってみれば上々と言える結果を残すことができました。
レースの内容については、ネモケンさんのブログ http://blog.sideriver.com/kensblog/ をご覧ください。
また次回に向けての課題も出てきましたし、引き続き協力させて頂きたいと思います。

皆さん、ありがとうございました!

デモ車V7スペシャル画像.jpg
お盆休み直前に展示車としていましたV7スペシャル(黒/黄です)を登録して参りました。
まだ100キロ少々走らせただけで「慣らし中」ですが、ご試乗頂くことは可能です。
これからチョコチョコと乗ってみまして、慣らし運転が済みましたらお知らせ致します。
中古車として販売中の旧型V7クラシックも、売約済みとなるまではお乗りになれます。
新旧の差が知りたい方は、実際に乗り比べてみて下さい。

今年もライダースクラブのネモケンさんはデイトナのレースに参戦致します。
そろそろアメリカへバイクを送る時期なので、仕上げの作業を進めております。
エンジンは昨年を超えるパフォーマンスを発揮しており、良い結果が期待できそうです!
実際に乗ってハッキリと体感できる差が有るほどで、これは結構大きな進歩が有ったということです。
こちらに関しても、またお知らせしようと思います。
ここ数年でグリップヒーターを装備した車両をよく見かけるようになってきました。
標準装備となっている車両も多く、冬場に限らず雨の日にも重宝されているようです。
が、残念ながら当店で販売しているタイプの物は、今シーズン分は売り切れてしまったとの事。
グリップヒーターをご希望される方は、また秋頃にお問い合わせ下さいますでしょうか?

先日、ルマン3でタイヤのエア漏れが激しいというご相談を受けたのですが...
原因はすぐに分かりました、タイヤチューブを入れていなかったのです。
ルマン3はキャストホイールなのでチューブレスタイヤ装備と思われがちですが、実はチューブが入っています。
また、このホイールは「ビード出し」が難しく、タイヤがキチンと組み込まれていない車両を見かけることが多いです。
お乗りの方には気をつけて頂きたいところです。

今週末の日曜日(10日)は店番一人のみとなってしまいます。
対応に時間がかかってしまうかと思われますが、ご了承下さい。
中古車ページに委託販売車2台(1200Sport4Vとステルビオ)を追加しました。
1200Sport4Vは新車保証が残っており、ステルビオは車検通したばかりです。
どちらも程度の良い車両ですので、是非ご確認下さい。

デイトナでのレース結果については、ネモケンさんのブログに詳しいので、是非そちらをご覧下さい(動画もあります)。
事前の想定とは逆のセッティングに振ることになってしまったのですが、決勝までに仕上がり結果に繋げる事ができました。
実は今回チェックインしたホテルの部屋番号が「108」で、これは不吉の予兆かと苦戦を覚悟していたのです。
今にして思えば笑ってしまうような事ですが、ハズレてくれて良かったです。

ブログ画像20121105.jpg
画像はレース後、ネモケンさんが同行した皆に振舞って下さいましたロブスターです。
一番大きいのを!と注文しましたら、2ポンド(=900グラム?)のものが、一人一人に1匹ずつ出てきました。
予想に反して非常に美味でした!
先日、軽井沢での「モトイタリアーナミーティング」へお越し下さった皆様、ありがとうございました。
台風が接近してきていた為に諦めてしまった方も多かったかと思います。
そのような状況で150人は集まって頂いた様ですが、やはり皆さん早めにお帰りになっていました。
次回があるならば、天気が良いことを祈りましょう。

この時期はイベントが多く、我々もチョコチョコと出掛けております。
今週末13日、14日と、来週18日から23日は工場にメカニックが一人しか居りません。
よって、お手数ですがご来店される方は、あらかじめご一報下さいますでしょうか。
また、17日~24日はお問い合わせフォーム等オンラインでのお問い合わせにもお答えできません。
ご不便お掛けしますが、よろしくお願いします。

来週末10月19日~21日は、いよいよライダースクラブ「ネモケン」さんのデイトナでのレース本番です。
恐らく現地よりご本人のブログが更新されるかと思いますので、是非チェックして下さい。
「KEN'S TALK 2」 http://blog.sideriver.com/kensblog/ です。
新バージョンのエンジンで昨年以上の結果を目指します、応援よろしくお願いします!

 

V7Cafeビキニカウル.jpg明けましておめでとうございます、本年もよろしくお願いします。

当店は2010年末でドゥカティディーラーとしての契約が切れました。
今後車両のご注文・パーツ問い合わせ・クレーム修理等はお受けできませんのでご了承下さい。
当店でお買い上げ頂きました車両、継続して整備のご依頼を頂いてきました車両については、引き続き責任をもってメンテナンスさせて頂きます。
部品の手配に以前よりお時間頂く事になりますが、その点はご承知おき下さい。

委託販売車両に希少車が揃ってきました。
ウチとしてはルマンIIIでは珍しくないかもしれませんが、BMWのR90S、ドゥカティ888、ゲッツィ アンド ブリアンの3車が並ぶ事は、今後当分(永遠に?)無いでしょう。
いずれの車両も程度は良いので、お問い合わせはお早めにされる事をお奨めします。
事実、R90SはWEBに掲載して間もなくお問い合わせ頂いております。

お正月前後に多くのお問い合わせを頂きましたので、途中経過をお知らせします。
以前に試作中とお知らせしましたV7カフェクラシック用ビキニカウルは塗装まで上がっています。
現在は取り付けステー等の製作中です、これが決まれば販売開始となります。
今のところレニャーノグリーンのみの設定です。
ダイアモンドホワイトも設定予定ですが、白いビキニカウルには何かしらワンポイント入れないと格好がつかないかな?と考えています。
未塗装の状態で販売する事も検討していますので、そちらをご希望される方はご連絡頂けますでしょうか?

V7Cafeビキニカウル1600.jpgここのところV7系が多くの方の関心を引くモデルとなっていまして、嬉しい限りです。
まだ入荷数が限られていまして、車体色によってはご注文頂いても納車までお時間頂くことになってしまう状況です。
V7カフェクラシックのレニャーノグリーンに限っては、しばらく品薄となってしまう見込みです。
ご購入検討中の方は、早めにディーラーに問い合わせた方が良いでしょう。

V7カフェクラシック用にルマンIタイプのビキニカウルを試作してみました。
画像の物がそれになります、試作品につき未塗装です。
カウルと干渉してしまう為にウインカーは移設しております、キットにはこの移設ステーも含む事になります。
詳細決まり次第、またお知らせ致します。

長期間更新できずに済みませんでした。

こちらが何もしていない間にもグッツィ本社では日本仕様車両の準備が進んでいたようで、近日中に試作車が送られてくるようです。
これが日本の保安基準にパスすれば、日本向け車両の量産に入るとのことです。
新たなニュースが届きましたら、またお知らせします。

3月にデイトナを走ったネモケンさんのレーサーが、先週「帰国」しました。
残念ながら最終レースで転倒してしまったのですが、ダメージは大したこと無く、修復はそれほどの手間を必要とせず済みそうです。

 

100529_1_blog_photo.jpg倒立フォーク車にお乗りの方にお知らせです。
フォークオイルの漏れだしている車両が見られるようになってきました。
原因の多くは、インナーチューブのサビです。
正立フォークに比べ、倒立フォークのインナーチューブは掃除しにくい事がほとんどで、気付かぬうちに錆びだしてしまうようです。
倒立フォークは修理代も高くつくので、日頃からインナーチューブに気を配るようお願いします。

.
Copyright © 2009 MOTO LAVORO All Rights Reserved.